それぞれの思い、それぞれの未来

新卒での就職、未経験からスタート、子育て中のスタッフ、経験を積み管理者へetc.
健康会には様々なバックグラウンドを持った仲間が集まっています。

利用者様の尊厳、それを大事にしたいと
常に考えています

ケアプラン相談センターあけぼの/ケアマネジャー
2019年入職/介護支援専門員
畑山 絹枝

「色々とチャレンジできる職場だよ」と勧められ入職

介護の領域で働き始めたのは、子育てが一段落した後、資格を取ってみようと思いヘルパー2級を取ったのがきっかけです。最初は有料老人ホームに勤務しました。直接人と関わるのが好きだったので、利用者様と関わりながら介助の仕方などを学ばせていただきました。また在宅として人のお部屋にお邪魔するので、身だしなみや言葉遣い、ご家族との関係なども学ばせてもらいました。
介護福祉士の資格を取り、サービス提供責任者として勤務しながら、ケアマネジャーの資格にも挑戦、無事合格したタイミングで友人から「いろいろとチャレンジできる職場だよ」との誘いを受けて、健康会に入職しました。

はじめてのケアマネの仕事、先輩から手取り足取り教えて頂いた

資格を取って初めて在宅のケアマネジャーとしてお仕事を始めたので、入職後は先輩に手取り足取りアセスメントのやり方なども一から教えてもらいました。サービス調整などは前職でのサービス提供責任者の仕事とも関係していて、活かせる部分も多かったです。
難しかったのは、利用者様本人の希望と、ご家族や周囲との調整です。例えば、見るからにサービスが必要な状態なのに、ご本人が「必要ない」と頑なに拒否されている場合です。そのまま進めば、ご本人もご家族も今よりもっと困難な状態になることが見えている。定期訪問しながらその都度確認して、少しずつ利用者様の状況を見極めながら、訪問看護やデイサービスの利用について相談をしていく。焦ってもいけないし、ご本人の希望が最優先ですが、必要な時にはすぐ動けるように準備をしておくこと、そんな進め方を学びました。
嬉しいのは、利用者様のサービスを調整して、それがピタッとはまり利用者様に満足してもらえたとき。ケアマネとしてのやりがいを感じますね。

相手の生活に踏み込むのではなく、
利用者様の尊厳を大事にしたい

この仕事をする上で大事にしていることは、利用者様の尊厳。それを一番大事にしたいと常に考えています。
利用者様はいずれも目上の方ですので、人生の背景や、プライド、思いがあり、踏み込んではいけない一線もあります。
こちらの都合で相手の生活に踏み込むのではなく、先方から話が出るまで待ちます。話をするときは相手の目をきちんと見て、信頼と安心を築いていく。そして、利用者様の希望と課題をアセスメントし、最適な解決を一緒に考えていく。そんな姿勢を大事にしたいと考えています。 

訪問先で辛いことがあっても、帰ってくるとホッとします
先輩方の雰囲気がとってもあったかい

健康会は医療、介護、看護のサービスが揃っています。ケアマネジャーとして利用者様を支えるとき、「くにもと病院」を受診したいと言えばすぐ調整できる。訪問看護も、介護施設も、すぐ相談できる。例えば、障害もあって施設を探している方であればメディケアホームを、訪問診療や看護が必要なら忠和クリニックや訪問看護ステーションを利用できます。垣根なく迅速に連携できることが大きな強みだと思います。 
職場としては、分からないことをすぐ聞ける、いつでも相談できる、失敗してもフォローしてくれる、そんな職場です。訪問先で辛いことがあっても、先輩方の雰囲気がとってもあったかくて、帰ってくるとホッとします。
何かに困っているとき、ケアマネの先輩は、何に困っているか、どうして困っているか、どうしたいと思う?と聞いてくれます。その中で、自分の頭の中を整理できて、自分の中で答えが出せるよう導いてくれます。日常の中でそんなスーパービジョンを受けられるのも、なかなかない環境だと思います。

ケアプラン相談センターあけぼのでは、ケアマネ業務が初めての方も、しっかりとフォローしてもらえます。
私は初めてのケアマネのお仕事が「あけぼの」で本当に良かったと思います。
職場の雰囲気も良く、働きやすい環境です。新しいチャレンジをしてみたい方、ぜひエントリーしてください。お待ちしています。

KINUE HATAKEYAMA

<プロフィール>
子育てが落ち着いた後、資格を取ってみようと思い、ホームヘルパー2級の資格を取得。
有料老人ホームでの介護職、サービス提供責任者を経てケアマネジャーの資格を取り、知人の紹介で「ケアプラン相談センターあけぼの」に入職。

-エントリーはこちらから-

応募/ENTRY